会社設立と行政書士…

  • 行政書士と会社設立

 

行政書士と会社設立

あなたが会社を設立しようと思う動機はなんでしょうか。個人企業を法人化することで節税を考えている方や、きちんとした組織としての会社を作って体外的な信用を高めたい方など、動機はそれぞれでしょう。しかし、いざ会社設立を実行に移そうとすると、合同会社設立登記申請や登記申請書類の作成や煩雑な手続きなど、何かと時間と手間がかかる作業がたくさんあります。法律に詳しくない素人にはわかりづらくて面倒な作業だと言えます。

そんな大変な作業を代行してくれる、頼りになる存在がいることをご存知でしょうか。それは行政書士です。行政書士は他の法律で制限されているものを除き役所に提出する書類、その他権利義務・事実証明に関する書類の作成などを主な業務とする、国家資格の保有者。この行政書士に会社設立のさまざまな手続きを代行してもらうことができるのです。

会社設立の準備には、まず会社名が必要になります。しかし名前だけでは法人として認められません。当然のことながら、類似した商号を持つ会社が他にないか調査する必要がありますし、事業目的の的確性の確認や、会社の定款や代表印など、さまざまなものが必要となります。会社の設立準備で忙しい代表者にとっては、こうした調査や準備は手間と時間がかかってしまい、大きな負担となります。でも行政書士に代行を依頼すれば、こうした負担を一気に解消できるのです。

最近では会社の設立手続き代行を専門とする行政書士も増えています。会社法をはじめとする会社設立に関連する法律に明るく、会社設立後の税務署などの各公的機関への届出についてもアドバイスをくれる行政書士。この頼れる強い味方に、会社設立を代行してもらうとよいかもしれませんね。








LINK

苦労するのは離婚をどう着地させるかという問題です。親権をどうするのかという問題もあって必ず問題になる出来事と言われています。よく悩んでから進めれば子の人生を考えるという問題も結構確実にうまくいきます。
離婚|離婚コム
http://www.ri-kon.com/